けんちく工房邑は茨城県つくば市を拠点に、板倉工法や民家再生をとおして、自然素材による住まいを設計から施工まで請け負う、無垢の木の家をつくる地域ビルダーです。

けんちく工房邑 > これまでの仕事 > 新築の仕事 > 下林の家(H邸)

これまでの仕事

新築の仕事

下林の家(H邸)新築の仕事

竣工2019年12月所在茨城県石岡市
種別木造平屋建て延床26坪
屋根ガルバリウム鋼板外壁砂漆喰/杉板
開口木製建具内装砂漆喰/杉板
下林の家(H邸)旧外観

昭和初期に建てられたこちらの住宅を移築再生。

下林の家(H邸)外観 下林の家(H邸)外観

スレート瓦葺きの寄棟だった屋根をシンプルな切妻屋根に変え、ガルバリウム鋼板葺きとした。
外壁は上部を漆喰、下部を下見板張りとし、移築前の仕様を引き継いだ。

下林の家(H邸)外観

建具は修理して再利用。

下林の家(H邸)土間 下林の家(H邸)旧縁側

縁側だった部分は土間に作り替え、思い出深い床板は小縁の材料に再利用した。

下林の家(H邸)和室

2つの部屋を1つにまとめた広い和室。

下林の家(H邸)浴室

浴室はタイルとサワラの板張りで仕上げた。

下林の家(H邸)梁組

天井は吹き抜けとし、梁組を表した。構造としての役割を持った梁組は美しさと力強さの両方を感じられる。

このページの最初に戻る