けんちく工房邑は茨城県つくば市を拠点に、板倉工法や民家再生をとおして、自然素材による住まいを設計から施工まで請け負う、無垢の木の家をつくる地域ビルダーです。

けんちく工房邑 > これまでの仕事 > 民家再生・リフォームの仕事 > 玉取の家(T邸)

これまでの仕事

民家再生・リフォームの仕事

玉取の家(T邸)民家再生・リフォームの仕事

竣工2009年9月所在茨城県つくば市
種別既存再生延床58.4坪
屋根三州いぶし瓦・ガルバリウム鋼板(生地)外壁サワラ板・砂漆喰
開口木製建具・アルミサッシ内装杉板・砂漆喰ほか
暖房薪ストーブ
建て替え後の外観

建て替え後の外観

建て替え前の外観

建て替え前の外観
大正11年に建て替えられた民家に手を加えることで、次の世代にも受け継がれる立派な家が完成しました。

土間

玄関に入ってすぐに土間があります。
縦長の窓から木漏れ日が心地よい空間を演出しています。

縁側

縁側は天井と床を張替え、壁は元からあった土壁を下地にして漆喰を塗り重ねて、昔のままの姿を維持しました。

和室

和室も壁を塗り替え、建具を直すことで綺麗になりました。
付書院のらんまとガラス建具は昔のまま使用しました。
上品な組子細工が施してあります。

キッチン

右側に調理台、左側が収納スペースになっており、短い動線で料理が行えます。

階段

階段は桧材を使用し、蹴込み板を入れないことで空間を広く見せています。
階段奥の壁には格子が組んであり、意匠としアクセントとなっていますが、構造壁としても役割を果たしています。

このページの最初に戻る