けんちく工房邑は茨城県つくば市を拠点に、板倉工法や民家再生をとおして、自然素材による住まいを設計から施工まで請け負う、無垢の木の家をつくる地域ビルダーです。

けんちく工房邑 > これまでの仕事 > 民家再生・リフォームの仕事 > 筑波の家(E邸)

これまでの仕事

民家再生・リフォームの仕事

筑波の家(E邸)民家再生・リフォームの仕事

竣工2009年3月所在茨城県つくば市
種別既存再生延床94.0坪
屋根三州いぶし瓦・ガルバリウム鋼板(銀黒)外壁漆喰・杉板
開口アルミサッシ・木製建具内装杉板・漆喰ほか
暖房薪ストーブ
南側外観 南側外観

南側外観。急勾配の寄棟屋根を緩勾配の切妻屋根に改修。暗かった室内に日の光が入るようになりました。

西面外観 西面外観

西面外観。金属製サイディングを撤去し、杉板と漆喰壁で仕上げました。

玄関

玄関。右側が続間の座敷、左側が生活空間です。
正面は納戸。建具や、ケヤキの板材なども極力再生利用しました。

座敷まわり

座敷まわり。極力もとのままの空間を再生することに努めました。

ストーブまわり

ストーブまわり。大谷石でストーブを囲いました。左端の黒い陰は、この家で最も大きな梁で、梁背が80センチほどもあります。

このページの最初に戻る