けんちく工房邑は茨城県つくば市を拠点に、板倉工法や民家再生をとおして、自然素材による住まいを設計から施工まで請け負う、無垢の木の家をつくる地域ビルダーです。

けんちく工房邑 > これまでの仕事 > 新築の仕事 > 五平の家(M邸)

これまでの仕事

新築の仕事

五平の家(M邸)新築の仕事

竣工2009年8月所在茨城県笠間市
種別新築2階建延床39.2坪
屋根ガルバリウム鋼板(黒)外壁焼杉板
開口アルミサッシ・木製建具内装杉板・漆喰ほか
暖房薪ストーブ設計設計工房禺

既存のプレカット技術を援用し、重ね梁や垂れ壁を利用して、4寸角による骨組あらわしの空間を追求しました。

南側外観

南側外観
外壁は焼杉板の縦羽目張りです。

南西側外観

南西側外観
外壁のくぼみを利用して、軒下のベランダと濡れ縁を設けました。

玄関の飾り棚

玄関の飾り棚。
上下の収納は靴入れです。

4寸角のみによる架構

4寸角のみによる架構。
タレ壁は防火構造を兼ね、ゆるやかに空間を仕切っています。

台所

台所
ワークトップには、耐久性の高い鏡面仕上げのステンレスを使用しています。

食事室の隣りの家事コーナー

食事室の隣りの家事コーナー
外部に面する壁の室内側の仕上げは、落し込み板あらわしを原則としました。

このページの最初に戻る