けんちく工房邑は茨城県つくば市を拠点に、板倉工法や民家再生をとおして、自然素材による住まいを設計から施工まで請け負う、無垢の木の家をつくる地域ビルダーです。

けんちく工房邑 > これまでの仕事 > 新築の仕事 > 研究学園の家(M邸)

これまでの仕事

新築の仕事

研究学園の家(M邸)新築の仕事

竣工2013年9月所在茨城県つくば市
種別新築延床29坪(小屋裏収納等含まず)
屋根ガルバリウム鋼板外壁漆喰・杉板等
開口木製建具・アルミサッシ内装杉板・砂漆喰等
暖房ペレットストーブ
北側外観

北側外観。敷地が南北に長く、お隣の家が隣接しているため、街道沿いの町家のような構えとしました。
軒の深い屋根が、家をしっかりと守ります。

南側外観

南側外観。防火認定の工法を採用しているため、市街地ですが、板張りの仕上げでOKです。漆喰と無垢の木の外装が、日の光に照らされて美しく映えます。

1階屋根の軒を見上げる。

1階屋根の軒を見上げる。やはり、無垢の軒裏は美しいです!

1階内観

1階内観。東西の壁を利用して、造り付けの棚を多めに設置しました。
長いカウンターデスクは使い勝手も抜群!照明は懐かしい一文字笠です。

1階内観

1階内観。東側(写真左側)は、町家の通り土間のような空間。吹抜けにして、高窓から光を入れています。床は、無垢のヒノキ。天井は厚さ3センチの杉板です。

居間と階段ホールの仕切りには、古建具

居間と階段ホールの仕切りには、古建具を入れました。なかなかの存在感です。
新築の家でも、こうして気軽に古建具を採用することができます!

古建具には、青い色ガラス

古建具には、青い色ガラスが使われています。
新調する建具ではなかなかこういった味は出ないですね。

1階の座敷

1階の座敷です。開口部の高さを抑えて、落ち着きのある空間にするとともに、対面する隣家からの視線に配慮しています。

台所

台所。オールステンレスでまとめたお手入れしやすいキッチン。
壁は磁石がつくステンレスになっています。奥には食品庫、背面には造り付けの食器棚もあります。

2階北窓

2階北窓から、窓格子越しの風景。やはり窓から筑波山が見えるのはいいものですね。

このページの最初に戻る