けんちく工房邑は茨城県つくば市を拠点に、板倉工法や民家再生をとおして、自然素材による住まいを設計から施工まで請け負う、無垢の木の家をつくる地域ビルダーです。

けんちく工房邑 > これまでの仕事 > そのほかの仕事 > 神崎のアトリエ(M邸)

これまでの仕事

そのほかの仕事

神崎のアトリエ(M邸)そのほかの仕事

竣工2011年7月所在千葉県香取郡神崎町
種別新築、平屋建延床14坪
屋根ガルバリウム鋼板縦平葺き外壁サワラ下見板張り
開口木製建具、一部アルミサッシ内装漆喰塗り
暖房電気式床暖房設計スピカ建築工房(滝川良子)

けんちく工房邑が2年前から千葉県香取郡神崎町(こうざきまち)で取り組んできたNPO法人神崎共生のすまいの会のグループ・リビング「共生のすまい」(150坪)については、近くこのホームページでその全容をくわしくお知らせしますが、
そこに入居される予定の方から依頼されたアトリエが、このほどその共生のすまいの近くに完成しました。道路から3メートルほど高い台地に建っています。

外観

外観
切妻の平屋建て。昔の小学校をイメージして、外壁はサワラ板を南京下見張りにしています。板にはわざとカンナをかけないで自然の風化にまかせることにしました。その板に、木灰を水で溶いたものをこすり込む方法で、一種の塗装を施しています。

アトリエ

アトリエ
間仕切りのない20畳大の広々とした空間。漆喰壁には、建て主さんが希望される色(モスグリーン)にするため大量の顔料を加えましたが、たいへん苦労しました。

古材の梁と柱

古材の梁と柱
以前に民家を解体したときに保存しておいたケヤキの大黒柱とマツの梁を使っています。大空間を支える古材は、新しい木材の中で力強い存在になっています。

アトリエから観る景観

アトリエから観る景観
大きな窓いっぱいに広がる畑と林。季節ごとに異なる風景を楽しませてくれます。

道路に面する窓

道路に面する窓
網戸兼無双雨戸。雨戸の板を開けば網戸があらわれ、閉じれば雨戸になる優れものです。

このページの最初に戻る