けんちく工房邑は茨城県つくば市を拠点に、板倉工法や民家再生をとおして、自然素材による住まいを設計から施工まで請け負う、無垢の木の家をつくる地域ビルダーです。

けんちく工房邑 > これまでの仕事 > そのほかの仕事 > 城里の蔵と塀(H邸)

これまでの仕事

そのほかの仕事

城里の蔵と塀(H邸)そのほかの仕事

竣工2015年6月所在茨城県城里町
種別増築 蔵延床12坪
屋根古瓦(いぶし)、カラーガルバリウム鋼板外壁杉 本実加工板
開口木製古建具・アルミサッシ内装杉 本実加工板
蔵の外観

蔵の外観
元々この場所には穀物蔵があった。
老朽化により建て替え。板倉工法により行いました。

屋根

屋根
元々の蔵に葺かれていた瓦屋根を再利用する。
昔の瓦は形がまちまちであるがその分味わいがある。

扉


元々の蔵から大戸を再利用する。
今は錆びつき動かないが取っ手として南京錠を残す。

外壁

外壁
手入れの行き届いた庭の中に、木肌むき出しの蔵がたたずむ。
生きる樹木の中に、大工によって生かされる木。

板塀(横大和張り)

板塀(横大和張り)
視界を遮り、気配を感じる。程良い距離感を生む。

板塀(外観)

板塀(外観)
風は通し、高さによって光を通す。

このページの最初に戻る