けんちく工房邑は茨城県つくば市を拠点に、板倉工法や民家再生をとおして、自然素材による住まいを設計から施工まで請け負う、無垢の木の家をつくる地域ビルダーです。

けんちく工房邑 > 今建ててます > 内法・サッシ取付

いま建ててます

内法・サッシ取付

掲載日:2017-02-07

浦和の家(M邸)よりリポート
建築施工の様子
柱に変な形の木がつけてあります。
これは『内法材』と呼ばれる敷居や鴨居など柱の内側に組み込む造作材を取り付けるための道具です。
建築施工の様子
三角形の大の上に内法材を置き印を付けます。
三角形の台に置くと、柱に対して内法材が直角になります。
こうすることによって、微妙な癖を内法材に書き写すことができます。
建築施工の様子
書いた印に合わせて、ノコギリで切ります。
この時、実際の長さよりほんの少し長く切ります。
建築施工の様子
内法材を取り付けます。
少しきつく切ってあるので、たたきながら入れます。
建築施工の様子
最後にサッシを取り付けて窓が出来上がりました。

このページの最初に戻る