けんちく工房邑は茨城県つくば市を拠点に、板倉工法や民家再生をとおして、自然素材による住まいを設計から施工まで請け負う、無垢の木の家をつくる地域ビルダーです。

けんちく工房邑 > 今建ててます > 屋根下地工事

いま建ててます

屋根下地工事

掲載日:2017-01-28

浦和の家(M邸)よりリポート
建築施工の様子
屋根工事が始まりました。
屋根をふさぐ板を野地板と言いますが、弊社の家は野地板を2重にします。
まずは、厚さ3㎝の板を貼ってゆきます。
建築施工の様子
この3㎝の板が室内の天井の仕上げ材になります。
この時に電気配線をしておきます。
建築施工の様子
その上に防水シートを貼り、屋根垂木を取り付けます。
建築施工の様子
垂木の間に断熱材を敷き詰めます。
建築施工の様子
その上から2重目の野地板を貼ります。
建築施工の様子
天窓を取り付けて、、、
建築施工の様子
最後にルーフィングという防水紙を敷いて、屋根下地の完成です。この後は板金屋さんが屋根を仕上げます。

このページの最初に戻る