けんちく工房邑は茨城県つくば市を拠点に、板倉工法や民家再生をとおして、自然素材による住まいを設計から施工まで請け負う、無垢の木の家をつくる地域ビルダーです。

けんちく工房邑 > 今建ててます > 平屋建ての建て方の様子

いま建ててます

平屋建ての建て方の様子

掲載日:2016-12-28

つくば大屋根の家(T邸)よりレポート
建築施工の様子
屋根の形は寄棟と呼ばれる形状です。
建築施工の様子
屋根面を下から見上げる。
屋根を構成する登り梁(斜材)の連続した線がとてもきれいです。
建築施工の様子
6寸角の柱に四方八方から登り梁がかかる様子。
隅木と呼ばれる家の角から斜めかかる梁、それとぶつかり合う登り梁はとても複雑な加工が必要となります。
難しい仕事を熟練した技を持つ大工さんがピタリと合わせてくれました。
プレカットの機械ではこのような組み方はできません。感動いたしました。

このページの最初に戻る