けんちく工房邑は茨城県つくば市を拠点に、板倉工法や民家再生をとおして、自然素材による住まいを設計から施工まで請け負う、無垢の木の家をつくる地域ビルダーです。

けんちく工房邑 > 今建ててます > 水盛り・遣り方

いま建ててます

水盛り・遣り方

掲載日:2016-12-15

浦和の家(M邸)よりリポート
いよいよ基礎工事の開始です。
実際に掘削する前に建物の正確な位置を出す『水盛り・遣り方』をします。
建築施工の様子
まず、基準となる地面の高さを決め、
約1.8m間隔に杭を立てそこに水平な印を付け、
印に合わせて板でつないでいきます。
建築施工の様子
建物の基準となる印を板に記してゆきます。
建築施工の様子
直角に記されているか確認するために、印の対角の長さを図り確認します。
建築施工の様子
『水盛り・遣り方』終了です。
この板の印を基準にして基礎工事を進めてゆきます。

このページの最初に戻る